浅草に「ホッピー通り」と言われるエリアがあることをご存知でしょうか?

浅草公会堂と花やしきの中間あたりにある大衆酒場が軒を並べる通りで、

平日でも昼から飲んでいる人で活気づいています。

そんなホッピー通りに新しく

IMG_9698

浅草 三ちゃん横丁が登場しました。

IMG_9704
IMG_9702


女子ウケするかわいいオリジナルカクテル「ストロベリーレモネード」「ブルーベリーヨーグルトサワー」「マンゴーピーチサワー」は各600円で用意があります。

鉄板焼の「下町鉄板焼 銀ちゃん」

IMG_9699

天ぷらの「天ぷら屋台 みっちゃん」

IMG_9701

もつ焼の「もつ焼 昭和のもっちゃん」

「もつ焼 昭和のもっちゃん」が楽しめる飲み屋横丁で

運営は、「築地銀だこ」を展開するホットランド。

IMG_9720

名物はそこでしか食べられない「雷たこ焼」だそうです。

たこ焼を焼いてくれるのは、下町鉄板焼 銀ちゃんのブースです。
 
「雷たこ焼」(4個入り420円)は、

揚げ玉、唐辛子、ネギを加えてうま辛に仕上げた大人の味のたこ焼ということ。
 
辛いけど、クセになる。ほふほふしながらもうひとつと次のを食べたくなっちゃう。

何より、お酒がぐいっぐいっ進んじゃう美味しさでした。
 
横丁なのでお酒にも注目のラインナップが豊富で

お酒で注目すべきは、日本酒。

IMG_9700

全国の日本酒のワンカップを集めようという趣旨で、ご当地ワンカップを揃えています。
 
 「高清水 本醸造(秋田県)」(400円)、「土佐鶴 酔って候 純米(高知県)」(450円)など通じに好まれる本格的な銘柄から、パンダが描かれた「御代桜 パンダ(岐阜県)」(450円)、鹿がかわいい「上撰 秋鹿 バンビ(大阪)」(600円)なども置いていました。
 
天ぷら屋台 みっちゃんも注目です。

天ぷらというと高級なお店という印象もありますが、

江戸時代には庶民が行く大衆的なお店として天ぷら屋台があったと聞きます。

みっちゃんでは、気軽に天ぷらを楽しんでもらうため、

串揚げにしているのが特徴。単品価格は1本150円~です。

IMG_9708


「絶品天ぷら串盛合せ 八品盛り」(1480円)を註文しました。

海老、チーズトマト、ベーコンチーズ、などの盛り合わせです。

天つゆで食べるのではなく、素材ごとに違う塩を使ったり、

ソースを使用したりして、創作天ぷらという感じです。
 
食べてみたところ、衣がサクッ、身も厚くて満足できました。

衣が厚くてもたれるという感じがありません。

チーズトマトなど野菜がよりおいしく食べられ大満足です。

カリッとあげたての天ぷらは本当に美味しかったです。

また、もつ焼 昭和のもっちゃんでは、

IMG_9706

「究極のもつ煮込み」(450円)が一番のおすすめです。

新鮮なもつ使用し、くさみなく仕上げているということ。

食べてみたところ、もつの身がふっくらしていて、

上品な味わいでした。素材がよいことがわかります。

IMG_9731
IMG_9732
IMG_9733

豚の「かしら串」(200円)、「もつ串」(220円)鶏の「ねぎま串」(200円)つくね串(200円)
もいただきました。ビールが進みますね!

IMG_9721

タコメニューは銀だこのオリティで素材を厳選しているとのこと。

IMG_9727

たこ焼に使うたこより鮮度がよいということ。ぷりぷりでした。

お通しがなく、

お料理も120円〜なので

とってもリーズナブルに頂けます。

お店の方に尋ねてみたところ。

今回、ホッピー通りに横丁を出店した理由は、

銀だこの発祥の地である群馬県みどり市(旧新田郡笠懸町)と東武伊勢崎線で繋がるため、

もとから浅草との繋がりが深く、浅草を盛り上げたい意図もありチャレンジしたということでした。
 
銀だこやおいしい揚げ物をつまみに酒を飲めるおすすめ横丁です。
 
「浅草 三ちゃん横丁」
・住所:東京都台東区浅草2-4-12
・営業時間:11時~23時(ラストオーダー22時30分)、年中無休
※記事内の価格表記はすべて税抜額です。
 

カワコレメディア | 女の子による女の子のためのガールズメディア! 投稿 | 編集