旅行先で観光を楽しむだけでなく、ホテルライフも楽しみたい! そう思う人も多いのでは? そんな人にご紹介したいホテルが大阪にあります。

世界展開をしているWホテルグループの「W Osaka」は2021年3月16日、大阪メトロ各線「心斎橋駅」より徒歩約5分、大阪のメインストリートである御堂筋沿いに、日本初上陸となる「W Osaka」が開業され。スタイリッシュな都会派ゴージャスのホテルで高級ホテルの一つですが、お行儀良く過ごすというよりもノリノリで過ごしたいホテルです。

main
デザイン監修を手がけたのは、大阪出身の建築家・安藤忠雄氏。まるで一枚岩にそびえたつ真っ黒な外観は、シンプルでありながらひときわ存在感を放っています。
sub1
エントランスに佇む「W」マークのオブジェ。
wosaka_EjQBEiA
建物に入ると、日本の折り紙や切り紙をモチーフにした切子面のトンネルが広がる。
wW4

<div align="left">洗練された外観からうって変わり、ホテルの内部は華やかな照明と色彩豊かなインテリアや家具で彩られている。

IMG_9107 1
エレベーター内
眺めているだけでワクワクする、非日常的な空間です。

これらのデザインは、江戸時代に過度な贅沢が禁止されていた大阪の商人のユーモアを反映したものだという。当時の商人は、表向きは控えめに装い、内々で豪華で粋な遊びを極めていたそうだ。

客室は全337室。床から天井まで広がる窓からは、大阪の街を眺望でき、

sub2

カフェダイニングの「リビングルーム」は館内に設けられた飲食施設のひとつ。ステージやDJブース、バーカウンターなどがあり、遊び心あふれる空間で、
全337室ある客室は、フロアごとにテーマカラーが異なり、それぞれで桜や海などをイメージされています。

jlg
IMG_9110 1
また、館内はレストラン4軒、バー2軒のほか、
mm0-2
nvg-2
IMG_9105
ジムやスパなども設けられ、一日中過ごしたくなるほど充実しています。
W Osaka「アフタヌーンティー デライト」

軽食、アフタヌーンティー、カクテルタイムなどいろいろな時間帯で利用することができる「LIVING ROOM」にていただけるアフタヌーンティーは、
安藤忠雄氏がデザイン監修したスタイリッシュな建物外観を約300分の1スケール(約40cm)の黒いアクリルボックスで再現したティースタンドが、話題の「アフタヌーンティー デライト」。

IMG_6315
スイーツやセイヴォリー(軽食)12種はリビングルームのインテリアを表現。愛らしい形や華やかなカラーが目を引きます。お茶はオリジナルティーをはじめ、全部で16種類。好きなものを選ぶことができます。
IMG_6318
「W Osaka Original Blend」をチョイスすると、メニューに記載されている。球体のティーポットとともにサーブされ。
IMG_8640
サービスのコンセプト「Whatever/Whenever」の英文字が描かれたプレートや、音楽の再生ボタンが刺繍されたナプキン、
51134757168_9e78ae648b_o
アイスの容器にもレコード盤がかかれていて、消毒液も香水瓶の容器なのにいれられていて、ひとつひとつに小ワザが効いていてオシャレすぎます。ナプキンの模様には337と客室の数までかかれています。
img_b24091c113c90a3ae9391123e0e0bbdd674220-2

以前は毎日14:00~のみとしていましたが、あまりの人気で予約がいっぱいに。11:30~、16:30~と予約枠が追加となりました。
さらに、オープンエアのテラス席も利用可能に。色とりどりのソファでくつろぎながら、開放感あふれる空間でアフタヌーンティーを満喫できます。
アフタヌーンティーと爽やかな気候、どちらも心ゆくまで楽しめそうですね。

<スイーツ>
ミルクチョコレート ヘーゼルナッツケーキ/ブルーベリー紫蘇ムース/ストロベリー グァバムース/ピスタチオ グリオットチェリーケーキ/ライチ ピンクグレープフルーツムース/赤い果実 ホワイトチョコレートサバラン/スコーン(カシス&レモン)、クロテッドクリーム
<セイヴォリー(軽食)>
グリンピースとスモークサーモンのクロックムッシュ/新牛蒡と豚肉のリエット 実山椒のピクルス エクレア仕立て/フォアグラのパルフェ 苺とシャンパンのムース/低温調理した牛モモ肉と野菜のミルフィーユサンドイッチ/海老入りオニオングラタン風キッシュ
建物そっくりなアフタヌーンティーは、SNSでも話題になるほど。 まさに“大人の遊び場”を凝縮したような空間。大阪の新しいランドマークのひとつとなるでしょう。
W Osaka「アフタヌーンティー デライト」
会場:LIVING ROOM(3階)
時間:11:30~、14:00~、16:30~(各2時間制)
料金:1人 6950円(税・サービス料15%込) ※要予約
電話:06-6484-5812(レストラン予約)
*REVOLVER dino network Post | Edit