脂肪吸引は、医師の腕次第で仕上がりに差が生じる手術です。
そのため、優れたデザインセンスを持つ医師、左右差のバランスを見ながら手術を行える医師に手術を依頼しなければなりません。医師の経験や知識、高い技術力は、脂肪吸引を成功させる上で欠かせない要素です。

6a76d1e001

ローヤルライン医院の特許庁に商標登録をしたロット脂肪吸引術は、ダブルセクションテクニック及びハンドメイド記法を適用し大容量の脂肪吸引から精密な接近が必要な部位別の脂肪吸引まで安全に脂肪を吸引するために多様な手術道具を活用、脂肪層の特性と厚さに合わせ精密な施術で安全に行うことができます。

お腹の脂肪吸引カウンセリングから施術までの流れ

脂肪吸引をご希望される場合には、実際に手術を担当する医師と十分な時間のカウンセリングを行い、内容を決めていきます。

お腹の脂肪吸引では、まず実際に脂肪をどの程度減らす事が出来るのか、そしてどのようなボディラインが作れるかについて確認していきます。
腹部は皮下脂肪だけではなく、内臓脂肪によって膨らんでいるケースも多く、内臓脂肪については脂肪吸引を行う事ができません。そのため、医師が直接お腹周りの脂肪の位置を確認しながら、触診によって各部位の皮下脂肪の量を判定し、どの部分にある脂肪をどの程度除去すれば、希望される体型に近づけられるかという事をしっかりと伝えていらっしゃいます。

Untitled

カウンセリング

また、カウンセリングの際には「お腹の脂肪吸引を実際にどのような方法で行うのか」「麻酔はどのように行うのか」「脂肪吸引を行うためのカニューレの挿入はどこから行うのか」といった具体的な施術の流れや方法に関する内容から、「施術後の傷跡がどのような経過をたどるのか」といったダウンタイムの変化や過ごし方まで、施術にあたって不安が残らないよう細部までお話していただけます。

お腹の脂肪吸引の術後の経過とケア
お腹の脂肪吸引後は圧迫ケアが大切

お腹の脂肪吸引を行った場合、術後はしっかりとガードルやウエストニッパー(コルセット)で圧迫を行った状態で、最低1か月は過ごしていただく必要があります。
この圧迫は脂肪吸引後に生じやすいむくみの予防や、皮膚のだぶつきやタルミを抑えるためのもので、特にお腹の脂肪吸引は除去する脂肪の量が多く、皮膚がたるんでしまいやすい箇所なので、しっかりと圧迫ケアが行えるかどうかが最終的な仕上がりに大きく影響します。
圧迫を行っている期間については、施術部位をもんだり動かしたりという事は避けます。

尚、この圧迫により体内の水分や分泌液が周囲に移動するため、お腹の脂肪吸引を行った場合は重力によって下に移動し、陰部や鼠径部がむくんでくるケースが多くあります。
施術部位以外の変化があるため驚かれる方も多いですが、正常な反応ですのでご安心ください。

術後の痛みについて

手術当日については、麻酔が切れる頃から痛みを感じやすくなりますので、処方された痛み止めなどを服用し、安静にお過ごしください。
手術翌日以降の痛みについては、平均して3日間、長くて1週間程度の間は強い筋肉痛のような痛みがあり、その後は徐々に痛みが軽減していきます。
1~2週間経過する頃には、普通に過ごしている状態ではほとんど痛みはなくなります。ただし、くしゃみなどで強く力が入ると痛みを感じたりする場合はあります。

お腹の脂肪吸引後の日常の過ごし方

手術後の行動制限については、手術当日は安静にすごす事が大切ですが、翌日からは出来る限り積極的に行動をして代謝を促した方が、ダウンタイムが良好になりやすいといえます。ただし、お腹の脂肪吸引の場合、屈んだり体をひねったりというような、お腹にしわがよってしまうような動きはなるべく避けましょう。
適切に圧迫が行われるようにするためにも、普段からなるべく背筋を伸ばした姿勢で過ごす事や、椅子に座る際は浅く腰掛ける事、寝る際には仰向けでお腹を伸ばして寝るなどにも気を付けてください。

シャワーについては翌日から、傷口を保護する防水テープを貼った状態で可能ですが、入浴については1週間程度お控えください。

飲酒や喫煙は血流を悪化させ回復を遅くしますので、ダウンタイムが落ち着くまで控えましょう。

一方で、積極的に行っていただきたいのが十分な水分摂取と軽い運動です。
水分摂取や軽い運動は、血栓症などの合併症の防止につながりますので、可能な限り心がけるようにしてください。

術後の効果の表れ方

Untitled

お腹の脂肪吸引によるサイズダウン効果をしっかり実感できるのは、術後1か月程度が経緯してむくみが落ち着いてきた頃です。
また、この頃から拘縮という、体の組織が回復する際に起こる、皮膚が固い板のような状態になる状態も発生します。拘縮は体の正常な反応ですので、特に心配する必要はありませんが、固い部分の柔らかい部分が出来る事で皮膚に凹凸ができたと感じたり、拘縮した皮膚が突っ張って痛みを感じたりする場合があります。
とくに腹部は脂肪吸引の範囲が広いため拘縮の影響を感じやすい箇所なので、凹凸ができても焦らずマッサージやストレッチなどのケアを行っていきましょう。
適度なケアなどを行う事で回復を早め、しこりや凹凸のない綺麗な仕上がりを目指す事ができます。

術後3~6か月頃には拘縮も落ち着き、脂肪吸引による変化がはっきりとわかるようになります。

韓国特許『ロット脂肪吸引』とは

『ロット脂肪吸引』はローヤルライン医院ならではの特別な脂肪吸引の技術です。
40kgから150kgまでと多くのケースの患者を手術し得たノウハウで、副作用がなく安全かつ綺麗に吸引することができるロット脂肪吸引を考案しました。
. ロットならではのダブルセクションテクニックとハンドメイドの繊細さを使用し、短い手術時間内にでこぼこせず大容量の滑らかで高級感のあるボディラインを作り上げます。

Untitled

回復と日常への復帰が一般の脂肪吸引に比べ早く、柔らかいラインと出血やあざ、腫れが非常に少ないということがロット脂肪吸引の長所です。
このようなロット脂肪吸引が2023年11月に韓国の特許庁に登録されました。

韓国美容外科『ローヤルライン医院』 公式相談センター [日本語可能]
『ローヤルライン医院』は日本語専門人力がメッセージとメールを通じてプライベートな一次相談を行っており、見積の問い合わせも可能です。
このような公式相談センターは無料で行われているため負担なく相談を受けることができ、公式ブログやホームページを通じてより詳しい内容を確認することも可能です。

商号:ローヤルライン医院(ROYAL LINE CLINIC)
代表者:キム・イング代表院長
無料相談公式LINE: @royal-line
日本語公式Twitter: https://x.com/royallineclinic
所在地: ソウル特別市江南区カンナム大路562 4階
アクセス:ソウル地下鉄7号線ノンヒョン駅9番出口から約20m

*REVOLVER dino network Post | Edit